結婚が当たり前ではない世の中へ

結婚とは、生きていく上で非常に大きな決断の一つです。
しかし、結婚にあまり良いイメージを持たない若者が増えてきているように感じます。
30歳を過ぎてからの結婚が当たり前にもなっています。
それは、やはり仕事や生き方の選択肢が増えているという面もあります。
女性が活躍できる場が増えているということです。
それはとても素晴らしいことであると思います。
もう一つの理由としては、一人のほうが楽であると感じてくるからです。
毎日ご飯を作ったり、家事をするのはとても大変なことです。
しかし、結婚を求めて婚活パーティーなどに参加している人も多くいます。
結婚したくてもなかなかできないという人もいるということです。
結婚とはいったい何なのでしょうか。
それはきっと、何十年か経って、自分が人生を全うした時に分かるもののような気がします。
結婚はそれぞれ個人の自由です。
絶対にしないといけないものではありません。
けれど、いつもそばにいてくれる人がいるというのは、とても心強いものです。